当サイトは無料でデジタル一眼レフカメラやミラーレスの初心者向けの入門講座をお届けしています。

デジタル一眼レフカメラの扱い方をマスターして、デジタル一眼レフカメラやミラーレスを100%楽しみましょう!

デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座。撮り方、使い方入門

d5600

カメラを扱う上で必要になる知識についてまとめています。いきなりすべてを理解する必要はありません。楽しむことが大切ですので、自分のペースで撮り方、使い方を覚えていきましょう。

 

一眼レフやミラーレス一眼からスマホに簡単に写真を転送する方法

一眼レフやミラーレス一眼からスマホに簡単に写真を転送する方法についてまとめています。

ダブルズームキットを購入する際には注意が必要

ダブルズームキットを購入する際には注意が必要です。必要に応じてレンズキットを買ったり、単焦点レンズ、高倍率ズームレンズを買った方がいい方がいます。

【おすすめ記事】絞り(F値)、シャッタースピード、ISO感度とは?

デジタル一眼レフカメラやミラーレスは絞り(F値)、シャッタースピード、ISO感度の3つでカメラが受ける光の量を調節しています。これらが変化すると写真に様々な変化が発生します。ボケの量を調節するのは絞り(F値)、動きを強調するときはシャッタースピードを変更して撮影してみましょう。

おすすめの撮影モード

デジタル一眼レフカメラやミラーレスには様々な撮影モードがあります。特に初心者向けのデジタル一眼レフカメラには数多く搭載されていて、どのモードで撮影すれば良いか、非常にわかりづらいです。当サイトのオススメは『絞り優先モード』と『シャッタースピード優先モード』の併用です。自分の思い通りの写真を撮れるようになるまでこのモードで練習してみましょう。

【人気記事】マニュアル撮影徹底解説

デジタル一眼レフカメラやミラーレスの初心者の方に是非挑戦してみて欲しいのが『マニュアル撮影』です。マニュアル撮影は最初はなかなか難しくて敷居が高いと感じている方も多くいます。しかし思い通りの写真を撮るにはマニュアル撮影が最も適しています。マニュアル撮影を使いこなせるようになったら初心者は卒業と言ってもいいでしょう。

構図の基本

デジタル一眼レフカメラで良い写真を撮るためには構図の知識は必要不可欠です。初心者の方でも簡単に撮れるのは三分割構図という構図ですが、ただ単に一つの構図を使うだけでは物足りない写真になってしまいます。主役を明確にして、視線誘導や前景中景背景、構図の型を複数組み合わせることによってより良い写真が撮れるようになります。

レンズの種類について

デジタル一眼レフカメラやミラーレスには様々なレンズが装着できます。レンズを交換することによって思い通りの写真を撮ることが出来るようになります。初心者の入門者には扱いやすい標準ズームレンズ、単焦点レンズ、高倍率ズームレンズがおすすめです。

レンズの選び方

レンズには様々な種類がありますが、大切なのは焦点距離と明るさを事前に決めておくことです。最も扱いやすい焦点距離は50mm前後です。レンズの明るさは明るいほど良いですが、価格が高くなってしまいます。単焦点レンズであれば安価で明るいため初心者でも購入しやすいでしょう。

保管方法について

デジタル一眼レフカメラやミラーレスを保管するには防湿庫がオススメです。日本の湿度は高くそのままデジタル一眼レフカメラを放置するとカビが発生する場合があります。カビはカメラやレンズの大敵です。防湿庫を使って賢く保管しましょう。

フルサイズかAPS-Cかどちらがいいの?

一眼レフやミラーレスのセンサーサイズはフルサイズかAPS-Cどちらがいいのでしょうか?比較してみました。

撮り方講座

デジタル一眼レフやミラーレス一眼を持っている方向きに撮り方講座をまとめました。

初心者におすすめの一眼レフ&ミラーレス一眼

デジタル一眼レフやミラーレス一眼レフ初心者の方向きにおすすめのカメラをまとめてみました。

女性の方であれば可愛い、Wifiが付いている、価格が安い、ということが重点ポイントかと思います。男性の方向きに価格が安いカメラも特集しています。

更新日:

Copyright© デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.