カメラ・レンズ・関連製品

NikonとCanonはどっちがいいの?両方持ってる私が徹底解説

更新日:

デジタル一眼レフカメラのメーカーを選ぶのに、NikonとCanonで迷う人も多くいると思います。

私はニコンのフラグシップ機での撮影経験もあります。また、キャノンの5Dmark3とニコンD3300を所持しています。

NikonとCanonの特徴やメーカー選びについて書いていきます。

スポンサーリンク

1.Nikonの特徴

1-1.機能性が優れている

Nikonのデジタル一眼レフカメラは機能面が優れています。この点はcanonよりも一歩先を行っています。

NikonとCanonのフラグシップ機の比較です。

Nikon D5 Canon EOS-1D X Mark II
有効画素 2082万画素 2020万画素
ISO感度 100~102400 100~51200
拡張ISO感度 3,280,000相当 409,600相当
連続撮影速度 12コマ(最大14コマ) 14コマ
測距点 153点 61点
測光範囲 -4以上 -3以上

Nikonは有効画素、ISO感度、拡張ISO感度、測距点、測光範囲においてCanonを上回っています。

特に測光範囲が-4というのが驚異的でかなり暗い場面でもサッっとフォーカスが合うのが特徴です。測距点も153点あり被写体をカッチリ捉えたら放しません。

高い機能性や性能で選ぶならNikonがオススメです。

 

1-2.色味が深く、風景が得意

nikonは黒が美しい

私は普段5Dmark3を使用していますが、先日知り合いプロカメラマンさんのNikonD5をお借りして撮影してみたところCanonとは色合いが全然違うことに気が付きました。

Nikonは色合いが深く暗い部分が非常に美しく表現されていました。写真全体に色の深みがあるというか、クールな印象が強く出ていました。

黒色を表現するのが非常にうまくできていると感じました。

その点では、Nikonは風景が得意であると言えます。全体的に色味が深く出るため、風景撮影においてコントラストが良くでやすいです。特に星空や夜景の撮影をするような方はNikonのカメラの方が向いています。

私のカメラ仲間の中でも風景写真をメインとする方はニコンを多く使っている印象があります。

 

1-3.見た目に近い写真が特徴

nikonは見た目に近い写真

Nikonの写真の特徴は『見た目に近い写真』であるということです。これはNikonは元々軍事関係の機材を製造していたためです。1971年にはアポロ宇宙船に記録用のカメラとしても採用された実績があります。

そのため鮮やかな色を作るのではなく色の正確性を追求し現実に近い写真を出力するように調節されています。

 

1-4.経営面に不安要素が・・・

Nikonは2017年3月期の赤字額が90億円となっています。1000人近くのリストラを実施するとの発表もありました。

スマホの普及でコンパクトデジタルカメラを中心に売り上げが激減しているようです。直ちに倒産ということは無いかと思いますが、10年後、20年後にどうなっているのか不安はあります。

デジタル一眼レフカメラを購入する際にはメーカーの経営状況というのは、非常に重要です。

デジタル一眼レフカメラの場合は、ボディとレンズを別々で購入します。このレンズはNikon製のものはNikonのボディにしか装着することが出来ません。そのため、次回新しくボディを買い替えるときに時にメーカーが倒産しているとレンズを流用することが出来なくなってしまいます。

私もNikonのカメラやレンズを所持しているため、なんとか頑張って欲しいです。

2.Canonの特徴

2-1.鮮やかな色が特徴

CanonはNikonと比較して鮮やかな色合いが特徴です。パッと見た時に綺麗だね!と言われやすいのはCanonです。というのもCanonはプリンターを製造しているメーカーでもあるため『出力された写真』を重要視しているためです。万人受けしやすいのが特徴です。

2-2.ユーザーが多い

Canonはユーザーが多いのが特徴です。2016年でデジタル一眼レフカメラのシェアは56%です。2012年は46%だったのですが、年々シェアを伸ばし続けています。

100人規模の撮影サークルに参加したことがありますが、Canon:Nikonは7:3くらいの比率でした。デジタル一眼レフカメラの世界ではCanonはかなり人気が高いです。

ユーザーが多い利点としては次の3つが挙げられます。

  1. レンズの貸し借りが出来る
  2. 気軽に相談しやすい
  3. メーカーが倒産しにくい

デジタル一眼レフカメラの世界ではユーザーは多ければ多いほど良いです。同じメーカーの方が話が合いますし楽しさも広がります。

あと、あくまでも体感ですが、女性はCanonを使っていることが多いように感じます。特にKISSシリーズに人気が集中しています。

2-3.人物撮影が得意

Canonのカメラは人物撮影が得意です。人物撮影のスタジオや結婚式場のカメラマンのほとんどがCanonを使用しています。意外なところでは、ディズニーランドのカメラマンもCanon製のカメラを使用しています。実際に見に行ってチェックしました。

Canonは人物撮影において依頼主の好みの写真を出力することに長けているため人物撮影をメインで行うカメラマンに広く支持されています。

初心者の方でも、赤ちゃんやお子さん、家族の写真など人物の撮影をメインに行うのであればCanonのカメラを購入すると後悔しないでしょう。

3.レンズの比較もしよう

NikonとCanonを比較する上で重要なのはレンズの比較です。好みのレンズがあるメーカーを選ぶということも大切です。Nikonにはあるけれど、Canonには無いレンズもあります。もちろんその逆もあります。

あくまで一例ですが、ここでは特に初心者向けのレンズを中心にNikonとCanonを比較してみます。

3-1.初心者向け単焦点レンズはCanonが安い

初心者向けの単焦点レンズはCanonのレンズが安く入手できます。価格は1万円台で現行のレンズとしては最安と言えます。一方Nikonの単焦点レンズは2万円台です。

時期により異なりますが価格差はおおむね1万円以上の差があります。

初心者向けの単焦点レンズについてはキャノンおすすめの単焦点レンズニコンおすすめの単焦点レンズにてそれぞれ解説しています。

3-2.18-300mm対応高倍率ズームレンズの『純正品』はNikonしかない

18mm-300mmに対応している高倍率ズームレンズの純正品はNikonしかありません!

おすすめの高倍率ズームレンズでも解説していますが、Canonは200mmまでしか対応していないため少し残念です。

純正にこだわらないのであればシグマのレンズもあります。Canonユーザーであればシグマのレンズを選択する人が多い印象です。

3-3.超広角レンズはCanonが安い

超広角レンズはCanonが安いです。Canonのレンズであれば3万円ちょっとで購入が出来ます。

一方Nikonは10万円ほどします。ただ、シグマやタムロン製であればもう少し安く購入できます。それでもCanonのレンズの価格ほど安くは販売されていないため、Canonユーザーはこの点では恵まれていると言えます。

超広角レンズは安価なモデルがニコンでも発売されました!そのため超広角レンズの入門機ではほとんど差がなくなりました!

3-4.白レンズはCanonだけ!

初心者向けではありませんが、白レンズはCanonだけの特権です。

この白レンズの何がすごいというと装着しているだけで物凄いプロっぽいんです。

装着しているだけで色々な人に声をかけられます!私はこのレンズのためにCanonのフルサイズを購入しました!それくらいかっこよくて大好きなレンズです。

カッコイイとしか説明していませんが、性能も抜群に良いです。でも個人的に性能は二の次ですw

とりあえずカッコイイ、それでいいじゃない。

4.結局どっちがいいのか?

4-1.結局は好み!

結局は好みです

今回はややCanon寄りの記事になってしまいましたが、結局は好きな方を購入するのが良いです。Nikonを購入すればNikonが好きになりますし、Canonを購入すればCanonが好きになります。

風景はNikon、人物はCanonと説明しましたが、私の尊敬するフォトグラファーさんは、人物撮影にNikonのデジタル一眼レフカメラを使用しています。その方は沢山の人から指名で仕事を頂いている売れっ子フォトグラファーです。人物撮影はCanonの方が得意と言われているのにNikonのカメラでそれだけの人気を得ているのです。

もうね、やっぱり結局は愛なんですよ。愛。ラブなんです。好きなカメラを買うのが一番良いです。

好きなカメラというのは人それぞれです。カメラの機能面かもしれないですし、デザインかもしれません。もしかしたらシャッター音かもしれないです。でもそれでいいんです。好きなカメラを徹底的に使い倒しましょう。

スポンサーリンク

4-2.拘りが無いなら、身近な人が持っているカメラと同じメーカーにしよう

好みと言われても・・・という方は身近な人と同じメーカーのカメラを購入するのが良いでしょう。身近な人と同じメーカーのカメラを購入するメリットは次の通りです。

  1. レンズの貸し借りが出来る
  2. 疑問点があれば聞ける
  3. 話が合う
  4. なんとなく親近感がわく

レンズは同じメーカー同士でしか使うことが出来ません。例えばNikonのレンズをCanonのレンズにつけることはできません。その点、同一のメーカーであればレンズの貸し借りが出来ます。

疑問点があればすぐに聞けますし、話も合います。そしてなんとなく親近感がわきます。仲のいい友人等と同じメーカーを選んでおけば後悔はないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-カメラ・レンズ・関連製品

Copyright© デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.