カメラ・レンズ・関連製品

5万円以下で買える安いおすすめの一眼レフカメラ

更新日:

5万円以下で買える安いおすすめの一眼レフカメラをまとめてみました。

一眼レフカメラを安く購入したいという人は是非参考にしてみてください。

安い順番に紹介しています。早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.キャノン EOS Kiss X7【おすすめ】

【基本スペック】

有効画素数 約1800万画素
センサーサイズ APS-C
連続撮影速度 約4.0コマ/秒
Wi-fi機能 ×
液晶サイズ 3インチ
タッチパネル
可動液晶 固定式
測距点 9
重さ 407g
電池寿命 約380コマ
常用ISO 100~12800
映像エンジン DIGIC5

【コメント】

X7のレンズキット相場は38,000円ということで、かなりの破格の一眼レフカメラです。

X7の最大の特徴は世界最小、最軽量ということです。

従来機のX6iと比較すると25%も小さくなっています。

実際に店頭で実物を持ったことがあるのですが、本当に軽いです。

軽さ、小ささについてはもはやミラーレス一眼級です。

軽さ、小ささばかりに目が行ってしまいますが、画質もかなり良いみたいです。

趣味や日常、旅行用の撮影程度であれば十分の性能です。

初心者の方にはまずオススメしたい一眼レフカメラです。

ただ、Wi-fiが非搭載ということが、少し残念かなぁと思います。

追記:X7の後続機X9が発売になりました。

EOS KISS X7の後続機であるX9が発売になりました。

X7ではバリアングルやWi-fiが非搭載でしたが、X9では新たにバリアングル液晶とWi-Fiが搭載されました。

また、全体的に性能が向上しています。価格は日々変動していますので、X7とX9の価格差を比較してお得な方を購入するのがいいと思います。

 

2.キャノン EOS Kiss X70

【スペック】

有効画素数 約1800万画素
センサーサイズ APS-C
連続撮影速度 約3.0コマ/秒
Wi-fi機能 ×
液晶サイズ 3インチ
タッチパネル ×
可動液晶 固定式
測距点 9
重さ 480g
電池寿命 約500コマ
常用ISO 100~6400
映像エンジン DIGIC4

【コメント】

X80の旧式モデルのX70です。価格が非常に廉価であることが最大の特徴です。

ただ・・・正直、この機種は価格くらいしか魅力がありません・・・。

Wi-fiありません、タッチパネルも可動式液晶でもありません、性能もX7より劣っています。

全体的に中途半端な機種であると思います。

発売当時でしたら、購入を検討しても良いかと思いましたが、X80やX7の価格が落ちてきていますので、今さら購入する必要はないかと思います。

3.ニコン D3300

【スペック】

有効画素数 2416万画素
センサーサイズ APS-C
連続撮影速度 約5.0コマ/秒
Wi-fi機能 ×
液晶サイズ 3インチ
タッチパネル ×
可動液晶 固定式
測距点 11
重さ 460g
電池寿命 約700コマ
常用ISO 100~12800
映像エンジン EXPEED4

【コメント】

D3300は管理人も持っています。

個人的にですが、ニコンのエントリー機はキャノンのエントリー機よりも基本スペックが高く信頼できると思います。

画素数も2416万画素ですし、連続撮影速度や電池寿命、測距点などもキャノンと比較して性能が良くおすすめできる製品です。

D3300はニコンの中で最安値の製品ですが、エントリー機とは思えない高画質が売りです。

常用ISO感度も12800まで対応していて、暗い場所でも十分綺麗に撮影できます。

ただ、Bluetooth対応で、常用ISO25600まで対応している新型のD3400が発売されていますので、価格が許せばD3400の購入を検討しても良いかと思います。

・D3300

D3300は価格を重視したモデルです。お得に買える可能性が高いモデルです。

・D3400

D3400はSnapBridgeを搭載しスマホとの連動を強化したモデルです。価格差が少なければD3400も検討してみましょう。

4.キャノン EOS Kiss X80

【スペック】

有効画素数 約1800万画素
センサーサイズ APS-C
連続撮影速度 約3.0コマ/秒
Wi-fi機能
液晶サイズ 3インチ
タッチパネル ×
可動液晶 固定式
測距点 9
重さ 485g
電池寿命 約410コマ
常用ISO 100~6400
映像エンジン DIGIC4+

【コメント】

X80はWi-fi搭載の一眼レフカメラで最も廉価なモデルです。

今や一眼レフカメラで撮影した写真はSNSにアップロードすることが多くなっています。

X80であれば撮った写真をすぐに一眼レフカメラからスマホに転送することが出来ます。

その後、すぐにSNSにアップロードできますし、友達とLINEで写真を共有することが出来ます。

また、スマートフォンでリモート撮影をすることもできますので、友達と集合写真を撮るときも便利だと思います。

欠点としては、Wi-fi搭載以外の部分の性能が微妙であるということです。

常用ISOも最大6400で暗い場面にやや弱い印象がありますし、連続撮影速度も3.0コマと遅いです。

Wi-fi機能が欲しいのなら、後から紹介しますD5300の方がオススメです。

5.ニコン D5300

有効画素数 2416万画素
センサーサイズ APS-C
連続撮影速度 約5.0枚コマ/秒
Wi-fi機能
液晶サイズ 3.2インチ
タッチパネル ×
可動液晶 可動式
測距点 39
重さ 530g
電池寿命 約610コマ
常用ISO 100~12800
映像エンジン EXPEED4

D5300は低価格でありながら、Wi-fi搭載で可動式液晶、画素数も2616画素とすべてにおいてバランスの良い一眼レフカメラです。

測距点も39点あり、動く被写体にもしっかりとフォーカスを合わせ続けることが出来ます。

重さが530gとここで紹介している一眼レフカメラの中ではやや重い部類に入りますが、それでもかなりの軽量モデルであることに間違いはありません。

後続機のタッチパネル搭載D5500も発売されています。D5300やD5500の価格差をチェックしてお得な方を購入しましょう。

・D5300

旧型のD5300です。バランスの良い人気のカメラです。お得に買える可能性が高いモデルです。

・D5500

後続機のD5500です。タッチパネルが搭載されていますが、実際の性能差はほとんどないと言われています。価格差があまりなければD5500もアリですね。

・D5600

D5500の後続機のD5600です。SnapBridgeが搭載されるなどスマホとの連動を強化したモデルです。

6.キャノン EOS Kiss X7i

【スペック】

有効画素数 約1800万画素
センサーサイズ APS-C
連続撮影速度 約5.0コマ/秒
Wi-fi機能 ×
液晶サイズ 3インチ
タッチパネル
可動液晶 可動式
測距点 9
重さ 580g
電池寿命 約440コマ
常用ISO 100~12800
映像エンジン DIGIC5

【コメント】

可動式の液晶とタッチパネルを搭載したモデルです。

タッチパネルを搭載しているため、指一本でフォーカスポイントを指定できるのが最大の特徴です。

Wi-fi機能が無いことを考えると価格面で少し不利かな、と思います。

7.管理人的まとめ

結局この中でどれがオススメかというと、X7をオススメしたいと思います。

世界最軽量ということが最大の利点で気軽に持ち運びが出来るためです。

重いと、持ち運びたくなくなりますからね・・・。

価格も最安値ですので、最初の一台としても選びやすいと思いますしね。

Wi-fiが欲しい、基本性能が高い一眼レフが欲しい、という方にはX9D5300がオススメです。

D5300は今回紹介した製品の中では基本性能が高いです。

特に測距点が39点もあり、動いている子供などを撮影するには最も適していると思います。

液晶も可動式ですので、ローアングル、ハイアングル自由自在です。

また、一眼レフを購入するさいには、ほかにも必要になるものがあります。詳しくは、一眼レフを購入したら必要になるものを6つ紹介でも紹介しています。

当サイトでは、ニコンのおすすめの単焦点レンズキャノンのおすすめの単焦点レンズなど、一眼レフをさらに楽しむことができるレンズを紹介しています。

単焦点レンズは通常のキットレンズよりも、高画質でより強い背景ボケを表現することができます。単焦点レンズは友達に「写真上手だね!」と言われやすいレンズです。インスタ映えしやすいレンズとも言えますので是非チェックしてみましょう。

8.ミラーレス一眼もおすすめ

一眼レフも良いですが、ミラーレス一眼も安くてお得な製品も多くあります

当サイトでは、カメラ女子におすすめの可愛いミラーレス一眼も特集していますので、是非一緒にご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-カメラ・レンズ・関連製品

Copyright© デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.