おすすめのレンズ

単焦点レンズの35mmと50mmはどっちがいい?徹底検証してみる

更新日:

単焦点レンズを購入する上で35mmと50mmの画角で迷っている人も多いです。実は僕もかなり迷いました。

そこで35mmと50mmのどちらが良いのか?メリット・デメリットについてまとめてみます。

スポンサーリンク

単焦点レンズの35mmと50mmはどっちが良いか?

実は僕も単焦点レンズ選びで35mmと50mmで散々悩み抜いていました。そして導き出された答えは、両方とも買ってしまうということです!

しかし、35mmと50mmの両方を使い込むうちに、徐々に35mmの単焦点レンズを使わなくなっていきました。いいレンズだったのですが・・・。

今は35mm単焦点レンズは手放して50mm単焦点レンズをメインで使用しています。

・・・ということで、結論から言うと管理人の場合は

 

50mmの方がおすすめ

 

です!

35mm単焦点レンズのメリット

50mmの単焦点レンズとよく比較されるのが35mmです。35mmのメリットは扱いやすいことです。風景写真や建物の写真を全体的に撮りやすいです。

スマホと同じような画角ですから初心者でも違和感なく始められるレンズと言えるでしょう。

ぼくも35mm単焦点レンズを使用していたときはとても使いやすくて気に入っていました。

登山のときも風景写真を撮るのに見たままを写真にすることができました。夜景や建物も見切れることはほとんどなく違和感なく写真を撮ることができます。

ただ、使い込むにつれて徐々にデメリットが目立ち始めたのです。僕が感じた35mm単焦点レンズのデメリットについて解説してみます。

35mm単焦点レンズのデメリット

D3300レビュー

平凡な写真になりやすい

35mm単焦点レンズのデメリットとしては、平凡な写真になりやすいということです。

メリットでも紹介しましたが、35mm単焦点レンズはスマホと同じような画角です。そのため、どうしてもいつも見慣れている写真になりがちです。

背景に色々なものが写り込みやすい

35mm単焦点レンズは画角が50mmと比較して広いです。そのため広い範囲を撮ることができますが、それが逆にデメリットになります。

例えば人物を撮影する場合は、人物の後ろの背景にはできるだけ無駄な被写体を入れたくありません。

しかし35mm単焦点レンズの場合は背景を広く撮ってしまうため余計なものが写り込みやすいのです。

初心者でも扱いやすい画角ですが、シンプルで良い写真を撮ろうとするとやや上級者向きの画角と言えるでしょう。

背景のぼけの量が少ない

35mm単焦点レンズのデメリットとして背景のボケの量が少ないということが挙げられます。

基本的にはF値が同じであれば焦点距離が大きいほど背景はぼけやすいです。35mmF1.4と50mmF1.4では圧倒的に50mmの方がぼかしやすいです。

50mm単焦点レンズのデメリット

35mmのデメリットが分かったところで、次は50mm単焦点レンズのデメリットについて確認してみましょう。

撮れる範囲が狭い

50mm単焦点レンズのデメリットは撮れる範囲が狭いことでしょう。

この写真は50mm単焦点レンズで撮影したものです。建物全体を撮ろうと頑張ったのですが、どうしても見切れてしまい全体を撮ることができませんでした。

建物を全体的に撮りたい、風景を幅広く撮りたい、というような場面では50mm単焦点レンズでは窮屈になるときがあります。

 

シャッターチャンスに弱い

50mm単焦点レンズはシャッターチャンスに弱いです。

旅や旅行をしていると友人に集合写真を撮って欲しいと頼まれることもあるかと思います。

そんなときに50mm単焦点レンズだとそこそこの距離をとらないと全体や風景を取り入れながら撮影することができないため撮影に時間がかかってしまいます。

建物を全体的に撮ることも苦手ですから、シャッターチャンスを逃してしまう場合もあります。

50mm単焦点レンズのメリット

芸術的な写真を撮りやすい

50mm単焦点レンズは35mm単焦点レンズと比較しても芸術的な写真を撮りやすいです。

  • 背景をシンプルにできる
  • 無駄なものが写り込みにくい

といったメリットがあり初心者の人でも上手な写真を撮りやすいと言われています。

管理人自身も35mmで撮った写真よりも50mm単焦点レンズで撮った写真の方が上手く撮れていることが多いですね

背景のぼけの量が多い

35mm単焦点レンズの項目でも解説しましたが、50mm単焦点レンズの方が背景はぼけやすいです。

撮れる範囲が限られるため背景をシンプルに写せるメリットと相まって、背景をぼかすことでさらに洗練された写真を撮ることができます。

価格が安いものが多い

50mm単焦点レンズは価格が安いのもメリットの一つでしょう。とくにキヤノンでは1万円台で入手できるEF50mmF1.8STMという単焦点レンズがあり、ますます人気が高まっています。

EF50mmF1.8STM購入レビュー

 

50mm単焦点レンズの弱点を補うにはスマホを使うのもアリ

集合写真

50mm単焦点レンズ + スマホ で幅広く対応

50mm単焦点レンズでは、広大な風景や建物を撮ることができません。画角が狭くて無理です。

そのため、建物、風景を撮る際にはスマホを利用するのも手です。スマホでは24~30mm程度の画角が多いです。ゆえに建物、風景の写真を撮ることは得意なのです。

  • 50mm単焦点レンズでは、芸術的な写真を撮る
  • スマホでは、風景や建物を記録用として撮る

というすみ分けをするのが良さそうです。実際に管理人も旅や旅行へ行く際には50mm単焦点レンズとスマホを併用する場合が多いです。

スマホはあくまでも補助的に記録用として使用します。そして芸術的な、美しい写真は50mm単焦点レンズにて撮るという方法です。

この方法だとほとんど取りこぼしがなく、しかもレンズ交換の手間なしで旅行や撮影に行くことができます。海外旅行なども僕はほとんどこのスタイルで行くことが多いですね。

おすすめの単焦点レンズはどれ?

ということで、個人的には50mm単焦点レンズがおすすめです。初心者でも芸術的な写真を撮りやすく写真の技術向上にもおすすめの焦点距離です。

さて最後に各社のおすすめの単焦点レンズをまとめてみましたので、よろしければ一緒にチェックしてみてください。

キヤノンのおすすめの単焦点レンズ

ニコンのおすすめの単焦点レンズ

オリンパスのおすすめの単焦点レンズ

SONYのおすすめの単焦点レンズ

他にも管理人所有の単焦点レンズのレビューもしています。

SIGMA 50mm f1.4 DG HSM ART購入レビュー。最強の単焦点レンズの登場

EF135mm F2L USM買ったよ!購入レビュー

EF50mm F1.4 USMを購入してみたからレビューします

SIGMA 30mm f1.4 DC HSM Artを購入してみたからレビューしてみる

EF50mm F1.8 STMの購入レビュー

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-おすすめのレンズ

Copyright© デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.