基礎知識

シャッタースピードとは?デジタル一眼レフ初心者講座

更新日:

シャッタースピードは、一眼レフを購入したばかりの人には良く分からない言葉かもしれません。

「うーん・・・シャッターのスピードでしょ?けど実際のところ良くわからない」というような感覚ではないでしょうか。

この記事を読めば、シャッタースピードの仕組み、写真はどう変わるのかが分かるようになります。

シャッタースピードを理解して、ワンランク上の写真を目指しましょう!

スポンサーリンク

1.シャッタースピードとはシャッターが開いている時間のこと

シャッター速度(英: Shutter speed )は、カメラによる写真撮影の際、シャッターが開放され、フィルムまたは撮像素子がレンズを通した光にさらされる(露出する)時間(露光時間、シャッタースピード、「SS」とも略される)をいう。 この時間が短いほどシャッター速度が速い、長いほどシャッター速度が遅いという。wikiより。

これはwikiからの転載です。つまりシャッタースピードとは、シャッターが開いている時間のことです。

1-1.実際のシャッターを見てみる

シャッタースピードについては、文字だけではわかりにくいと思いますので、実際に写真を見てみましょう。

一眼レフについているレンズを取り外した状態のカメラです。

シャッターが閉じている状態

シャッターボタンを押すと・・・

シャッターが開き奥のセンサーに光が届いている状態

このようにシャッターが開いて奥のセンサーに光が届きます。奥のセンサーに光が届いている時間をシャッタースピードといいます。

1-2.シャッタースピードの変化の仕方

シャッタースピードは1/15や、1/30というように表記されます。いずれも単位は『秒』で、1/15であれば15分の1秒だけシャッターが開いている、という意味になります。

シャッタースピードの変化について

1/30から1/15に変えることを「シャッタースピードを1段遅くする」といってシャッターの開いている時間は2倍になります。シャッターの開いている時間が2倍になったので、レンズを通して入ってくる光の量も2倍になります。

1/15から1/30に変えることを「シャッタースピードを1段速くする」といってシャッターの開いている時間は半分になります。シャッターの開いている時間が半分になったので、レンズを通して入ってくる光の量も半分になります。

2.速いシャッタースピードの特徴

さて、小難しいシャッタースピードの説明はこれくらいにして、シャッタースピードの実例を見てみましょう。まずは、速いシャッタースピードの特徴から説明していきます。

2-1.一瞬を切り抜ける

シャッタースピードが速いと一瞬を切り抜ける

速いシャッタースピードは一瞬を切り抜くことができます。イルカのジャンプや、スポーツ、乗り物が走っている様子をシャープに写したい時に有効です。

2-2.暗いシーンが苦手

速いシャッタースピードにするときには暗い場所での撮影は特段の注意が必要です。シャッタースピードを1段速くすると光の量は半分なります。

暗い場所でシャッタースピードを無理に速くすると全体的に暗い写真になってしまいます。その典型的な失敗例はこちらです。

シャッタースピード失敗例。暗くなってしまう

ペンギンの泳いでいる姿をぶれずに撮ろうとしてシャッタースピードを1/2000秒に固定して撮影しました。1/2000秒という高速シャッターのため、光の量が足りずに全体的に真っ暗な写真となってしまいました。

このように、暗い室内や夜などではシャッタースピードを速くしすぎないようにしましょう。

 

3.遅いシャッタースピードの特徴

3-1.被写体の動きを強調出来る。

遅いシャッタースピードは肉眼では見ることができない、被写体の動きを強調した面白い表現が可能です。

シャッタースピードを落とすと滝が綺麗に撮れます

こちらはシャッタースピードを2秒に設定して撮影しました。よく雑誌やパンフレットでは滝や川はこのように表現されることが多いですよね。

 

シャッタースピードを調節して花火を撮りましょう

こちらはシャッタースピードを12秒で撮影しました。三脚とレリーズを準備して撮影しました。

3-2.暗いシーンに有利

遅いシャッタースピードは光の量をより多く取り込むことができます。肉眼では捉えられないような小さな光も表現することが可能になります。

シャッタースピードを調節すると星空も綺麗に撮れます

遅いシャッタースピードが良く利用されるのが星空の撮影です。天の川などは、肉眼ではぼんやりとしか見ることができませんが、適切な設定を行えば綺麗に撮影することができます。こちらはシャッタースピード3秒で撮影しています。

3-3.ブレに注意が必要

遅いシャッタースピードの場合は写真のブレに注意が必要です。写真のブレには被写体ブレと手振れの2種類があります。

3-3-1.手振れ

やや暗いシーンでよく発生します。手振れの特徴は写真全体がブレているような状態になります。手振れの対策は、ISO感度を上げる、絞りを開く、フラッシュを使う、三脚を使うなどが挙げられます。

シャッタースピードは手振れに注意が必要です。

上の写真は流れる水を線のように表現しようとした写真ですが、三脚を使用しませんでした。そのため、手振れが発生して失敗写真となってしまいました。

3-3-2.被写体ブレ

被写体ブレは、被写体のスピードが速すぎて被写体がブレてしまっている状態です。手振れは写真全体がブレるのに対し、被写体ブレは被写体のみがブレている状態です。

被写体ブレの対策は、ISO感度を上げる、絞りを開く、フラッシュを使うなどして、シャッタースピードを少しでも速く設定しましょう。

シャッタースピードは被写体ブレに注意が必要です。

上の写真はシャッタースピードが遅すぎたため、動いている被写体がブレてしまっています。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

写真は同じような場面であってもシャッタースピードを変えることによって様々な表現ができます。そのためにもシャッタースピードについての基礎をしっかり押さえて、狙った通りの写真を撮れるようにしましょう。最初は失敗ばかりかもしれませんが、とにかく沢山の写真を撮って少しずつ上達していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-基礎知識

Copyright© デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.