レンズのレビュー

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870の購入レビュー!メリット・デメリットは?

更新日:

今回は、SonyのFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870を購入したので、徹底レビューをします。

安いから性能も悪いかと思ったら意外や意外、普段使いには最適のレンズでした!

スポンサーリンク

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870について

【レンズの外観】

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870は35mmフルサイズに対応しているSONY Eマウント用レンズです。

α7シリーズやα9に対応しているレンズの中でも価格も手ごろで入手しやすい特徴があります。

 

ライバルレンズのFE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zとの比較

【スペック】

名称 FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870 FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z
レンズマウント ソニー Eマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ ●35mmフルサイズ
焦点距離 28-70 24-70
開放絞り 3.5-5.6 4
最小絞り 22-36 22
絞り羽根 7 7
最短撮影距離 0.3-0.45 0.4
最大撮影倍率 0.19 0.2
フィルター径 55 67
手ブレ補正 レンズ内手ブレ補正方式 レンズ内手ブレ補正方式
外形寸法 72.5 x 83 73 x 94.5
質量 295 426

FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zとの比較

ライバルレンズと言えるのは、FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zです。

FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zは開放F4で固定で広角が24mmからのため使い勝手はFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870よりも上です。

ただ価格が2倍以上します。また、質量もFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870は295gで軽量であるのに対して、FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zは426gと重いのが残念な点です。

画質については、FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zはほぼ互角です。価格が安いはずのFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870の方が解像度が高い、という意見もあるほどです。

それほど、今回レビューするFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870の性能が良いということですね。

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870レビュー

Sony a7RⅡを購入したタイミングで、このレンズも購入しました。

このレンズを選んだ理由は、Sony a7RⅡの標準ズームレンズを揃えておきたかったからです。

35mmフルサイズ対応の標準ズームレンズ。

28~70mmの幅広い範囲をカバーしている便利ズームが搭載です。

高画質で開放絞りは最大でF3.5まで可能です。

28mmのF3.5で撮影

背景ぼけに注目してください!いい感じにぼけていますね!

前の方に特徴ある被写体がある時に設定すると有効です。

 

28mmのF10で撮影

 

背景もピントを合わせています。

風景写真などに設定すると有効です。

70mmのF3.5で撮影

先ほどと同じ場所で撮影しました。

ズームレンズなので、自分は動かずに同じ場所から撮影することができます。

綺麗な背景ぼけですね~!

 

70mmのF10で撮影

ボケ感は少なくなりましたが、70mmで先ほどよりも被写体に近いので、背景もボケています。

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870のデメリット

  • 広角がやや不満

広角側が弱いところが弱点です。

24mmはAPS-C使用経験者からすると、四隅が狭く望遠側に感じてしまいます。もう少し広角があったらなぁと思います。

どうしても24mmが欲しいという人はFE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zも検討してみましょう。ただし値段は2倍近くします・・・。

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870のメリット

  • 値段が安い
  • 軽量
  • 手振れしやすいシーンでもOK

まず、大きなメリットとして、フルサイズ対応機のなかでは、値段が安いことです。

わたしが使用しているSony a7RⅡではボディのみの販売なので、レンズの購入が必須になります。

さらに軽量であるので、初めのレンズに最適です。

また、手振れ補正機能が搭載されており、手ブレしやすいシーンでも手持ちの撮影が可能です。

28mmのF3.5で撮影、風景でも背景をボカすことが可能です。

28mmのF10で撮影、背景までピントが合うので、風景に最適です。

価格も手ごろで、画質も良いですね!背景も望遠側を使えばフルサイズ級のボケを楽しめるレンズです。

フルサイズデビューには最適のレンズですね!

 

単焦点レンズもおすすめです。

ちなみに、新しいカメラにするときは、FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870+単焦点がおすすめです。

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870は背景をぼかすことがやや苦手のため、単焦点レンズがあると面白い写真を撮ることもできます。

たとえば、普段の旅行や風景写真は標準ズームで撮影をし、一緒に旅行に行った人を単焦点で背景をぼかして、メリハリをつけた素敵な撮影にすることもできます。

参考記事:ソニーのおすすめの単焦点レンズ【Eマウント】

参考記事:単焦点レンズとは?徹底解説してみた

スポンサーリンク


-レンズのレビュー

Copyright© デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.