レンズのレビュー

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fの実写レビュー。メリット・デメリット

投稿日:

Sonyの「FE 50mm F1.8 SEL50F18F」を購入したので、徹底レビューをします。

本記事では他のライバルレンズとの比較や使用感なども正直に報告していきます。

それでは早速チェックしてみましょう。

スポンサーリンク

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fの購入動機

Sony a7RⅡを購入したタイミングで、このレンズも購入しました。

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F、Sony a7RⅡの単焦点レンズを揃えておきたかったからです。

そして、50mmという万能な画角なため、遠すぎず近すぎず、ちょうど良い距離感で撮影できます。

ただ、気になるのがライバルレンズの存在ですね・・・。まずはライバルレンズとの比較をしてみましょう。

ライバルレンズとの比較

<スクロールできます>

品名 SEL50F18F(本レンズ) SEL50F18 SEL55F18Z
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ ●APS-Cフォーマット専用 ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm) 50 50 55
開放絞り (F値) 1.8 1.8 1.8
最小絞り (F値) 22 22 22
絞り羽根 (枚) 7 7 9
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.45 0.39 0.5
最大撮影倍率 (倍) 0.14 0.16 0.14
フィルター径 (mm) 49 49 49
手ブレ補正 - (ボディ側対応) レンズ補正(4段分) -(ボディ側対応)
フードタイプ 丸形バヨネット式 丸形バヨネット式 花形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 68.6 x 59.5 62 x 62 64.4 x 70.5
質量 約 (g) 186 202 281
定価 30,500円+税 28,000円+税 89,333円+税

 

 

FE 50mm F1.8 SEL50F18との違い

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fのライバルレンズとしては、FE 50mm F1.8 SEL50F18が挙げられます。

名前が物凄く似ていますが、最後にFが付いているか、付いていないかで区別します。

大きな違いはフルサイズ対応か非対応か

本レンズであるSONY FE 50mm F1.8 SEL50F18FはFが付いていますね。これはフルサイズに対応している、という意味が込められています。

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fはα9やα7向きに開発されています。フルサイズでも性能を十分に発揮できるレンズです。

対して、FE 50mm F1.8 SEL50F18にはFが付いていません。こちらはフルサイズには対応していない、ということですね。α6000やα6500といったAPS-C向きのレンズです。

FE 50mm F1.8 SEL50F18は手振れ補正付き

APS-C用レンズであるFE 50mm F1.8 SEL50F18は手振れ補正がレンズ内に搭載されています。そのため、手振れ補正が付いていないカメラでも安心して撮影することができます。

対して、FE 50mm F1.8 SEL50F18Fには手振れ補正が付いていませんが、α9やα7シリーズにはカメラ内部に手振れ補正が付いているためこの点は心配する必要はないですね。

フルサイズを使用するならSONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fの方がおすすめ

α7シリーズやα9を使用するのであれば、フルサイズ対応の FE 50mm F1.8 SEL50F18Fの方がおすすめです。

また、α6000やα6500といったAPS-Cを使用している人でも将来的にフルサイズに引っ越すことを考えると、FE 50mm F1.8 SEL50F18Fを持っていた方が良いと思います。

FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zとの違い

価格が約3倍

FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zは本レビューレンズであるFE 50mm F1.8 SEL50F18Fの上位レンズです。

上位レンズであるため定価が約3倍です。

画質は上位レンズのFE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zが上

価格が3倍近く離れていることもあり、流石に画質はFE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの方が良いですね。

非常にシャープな写真を撮ることができます。予算に余裕があればチェックしてみても良いでしょう。

FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zは重たい

FE 50mm F1.8 SEL50F18Fは重量が186gで軽量であるのに対してFE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zは281gとやや重量UPです。

重量アップする代わりに性能を上げているレンズと言えますね。

気軽に撮るなら、FE 50mm F1.8 SEL50F18F。画質にこだわるならFE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

気軽に撮るならFE 50mm F1.8 SEL50F18Fが軽く、価格も安いためおすすめです。

プロの方や画質に特に拘りがある場合はFE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zでも良いかもしれません。価格が高いのに目をつぶれば良いレンズね。

さて、比較は終わりにして作例をご覧ください。

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fの作例

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fは、35mmフルサイズ対応の標準単焦点レンズです。

50mmの高画質で、とろけるようなボケで撮影が可能です。

開放絞りは最大でF1.8とズバ抜けて明るく、焦点距離が近いと左右の目の単位でピントを合わせることができます。

50mmのF1.8で撮影

背景がはっきりとボケますね。これは単焦点レンズならではの写真です。うーん美しい!

ズームレンズではここまで大きくぼかすことができないため、単焦点レンズは一本は持っていたいですね。

50mmのF10で撮影

背景までしっかりとピントが合っています。写真の端やペットボトルの歪みが少ないのは単焦点レンズの特徴です。

F値を調節することで背景のぼかし具合を自由に設定することができます。

50mmのF1.8で撮影

 

中央のお皿にピントを合わせました。手前の鍋は完全にボケています。

なかなか良い感じのぼけ具合ですね。外で撮影するのが楽しみです。

 

50mmのF1.8で撮影

背景が綺麗にぼけていますね!ピントがあっているところはシャープに写ります。通常に使う分には十分すぎるほどの画質ですね。

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fのメリット

価格が安い

フルサイズ対応の単焦点レンズでは、価格が圧倒的に安いです。定価は30,500円+税でかなりお買い得ですね。

フルサイズ対応のレンズの中では破格の安さと言えるでしょう。

軽量&コンパクト

さらに軽量で外での動き回る撮影にも向いています。重量は186gでスマホよりも少し重たい程度です。

α7シリーズやα9の軽さを活かして、ガンガン軽快に撮影することができますね。

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fのデメリット

AFが遅い点がネックです

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fはオートフォーカスが非常に遅いです。

素早い被写体、たとえば子供の撮影には少し不向きなレンズです。どちらかというと街のスナップなど止まっている被写体を撮影することが得意なレンズですね。

FE 50mm F1.8 SEL50F18Fは初めての単焦点レンズに最適!

低価格の単焦点レンズでは、とりあえず購入しても後悔はないレンズです。

開放F1.8の柔らかいボケと高画質な写りはコストパフォーマンスは良いです。

そして、カメラ初心者の場合は、とりあえず単焦点レンズを購入して練習することをおすすめします。

キットレンズでは小手先のズームで撮影できますが、単焦点レンズは自分が動く必要があります。

最初は不便に思うかもしれませんが、実際に撮影をしてみるとなかなか面白いです!

スポンサーリンク


-レンズのレビュー

Copyright© デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.