レンズのレビュー

EF50mm F1.8 STMの購入レビュー

更新日:

EF50mm F1.8 STMの購入を考えているけれど実際はどうなの?とお考えではないでしょうか?

このレンズは非常にコストパフォーマンスが良く、それでいて高画質が特徴です。

初心者から上級者までオススメできる単焦点レンズです。実際にEF50mm F1.8 STMを購入しましたので、レビューしていきます。

スポンサーリンク

1.canonのEF50mm F1.8 STMについて

EF50mm F1.8 STMはcanonの単焦点レンズで定番中の定番の商品です。

canonとしては低価格でレンズを提供して、その楽しさに気が付いてほしいという思惑があるそうです。

別名、撒餌さレンズとも呼ばれ、このレンズを皮切りにレンズ沼に陥る人もチラホラいます。

実売価格は1万5千円を切っていて、それでいて高画質を実現しています。

2.EF50mm F1.8 STMスペック

■仕様比較表

EF50mm F1.8 STM(新型) EF50mm F1.8 II(旧型)
焦点距離 50mm 50mm
開放F値 F1.8 F1.8
絞り羽根枚数 7枚 5枚
最小絞り 22 22
最短撮影距離
(ワーキングディスタンス)
35cm
(約26cm)
45cm
(約36cm)
最大撮影倍率 0.21倍 0.15倍
レンズ構成 5群6枚 5群6枚
駆動系 STM DCモーター
フィルター径 φ49mm φ52mm
最大径 φ69.2mm φ68.2mm
全長 39.3mm 41mm
質量 約160g 約130g

旧タイプのEF50mm F1.8 IIと比較すると、絞り羽枚数、最短撮影距離、最大撮影倍率、駆動系、全長で改善が見られます。

逆に質量は30g重くなっています。

 

3.EF50mm F1.8 STM実機レビュー

3-1.外観

canon単焦点レンズ

まずは、canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMの外観から。

非常にシンプルで単焦点レンズらしい小ささ。

5Dmk3と単焦点レンズ

EF50mm F1.8 STMをcanon 5Dmark3に装着してみました。

非常にシンプルで軽いです。

5Dと単焦点

上から見た様子。

全長も短いため、小さめのカバンなどにも入ると思います。

5Dと単焦点

EF50mm F1.8 STMの横から見た様子。

フルサイズの5Dにも雰囲気は合っていると思います。

17-40mmF4との比較

canon純正の17-40mmF4とcanon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMの比較です。

かなり小さいですね。

単焦点を手に持つ

canon EF50mm F1.8 STMを手に持ってみました。

軽いです。

口径

レンズ口径は49mmです。

旧タイプは52mmでしたので、間違えないようにしましょう。

フィルターを購入する際は49mmを購入しましょう。

3-2.実写レビュー

3-2-1.5Dmark3キャノンフルサイズ機での撮影

キャノンのフルサイズ機での実写写真を掲載します。フルサイズ機の場合ですと焦点距離は50mmのままです。

焦点距離50mmは、ポートレートや風景にも無難に対応可能です。

s_383a1683

F1.8で撮影しました。

強烈にボケた写真も簡単に撮ることが出来ます。

 

お料理

f2.8、1/40秒、iso320で撮影しました。

焦点距離が50mmで単焦点としては非常に使いやすい画角です。

気になった場面、場所をバシバシ切り取れます。

主な設定

  • カメラ   EOS 5DMark3
  • 絞り    F2.8
  • シャッター 1/40秒
  • ISO   320
  • 露出補正  +0.7
  • フラッシュ なし

 

紅葉を撮影

f1.8、1/50秒、iso25600で撮影しました。

紅葉のライトアップもこのように綺麗に切り取れます。

主な設定

  • カメラ   EOS 5DMark3
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/50秒
  • ISO   256000
  • 露出補正  +1
  • フラッシュ なし

 

紅葉

f1.8、1/160、iso3200で撮影しました。

ライトアップはかなり暗いですが、f1.8の力があれば手持ちでも気軽に撮れます。

絞り羽根枚数が5枚から7枚になりましたので、丸ボケも自然で美しいです。

主な設定

  • カメラ   EOS 5DMark3
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/160秒
  • ISO   3200
  • 露出補正  +0.3
  • フラッシュ なし

3-2-1.EOS80D APS-C機での撮影

APS-C機での撮影です。X7や9000D、80DのようなAPS-C機では焦点距離は80mm相当となります。

80mmはやや望遠気味ですが、その分圧縮効果も発生して普段とは違った雰囲気の写真を撮ることができます。

ポートレートでは非常に有利な画角です。風景では全体を捉えるのではなく一部を切り抜くことが得意です。

主な設定

  • カメラ   EOS 80D
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/2000秒
  • ISO   100
  • 露出補正  ±0
  • フラッシュ なし

 

主な設定

  • カメラ   EOS 80D
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/8000秒
  • ISO   640
  • 露出補正  ±0
  • フラッシュ なし

 

 

主な設定

  • カメラ   EOS 80D
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/8000秒
  • ISO   1600
  • 露出補正  ±0
  • フラッシュ なし

 

主な設定

  • カメラ   EOS 80D
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/250秒
  • ISO   100
  • 露出補正  ±0
  • フラッシュ なし

 

主な設定

  • カメラ   EOS 80D
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/250秒
  • ISO   100
  • 露出補正  ±0
  • フラッシュ なし

 

 

主な設定

  • カメラ   EOS 80D
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/400秒
  • ISO   100
  • 露出補正  ±0
  • フラッシュ なし

 

 

主な設定

  • カメラ   EOS 80D
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/800秒
  • ISO   100
  • 露出補正  ±0
  • フラッシュ なし

 

主な設定

  • カメラ   EOS 80D
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/400秒
  • ISO   100
  • 露出補正  ±0
  • フラッシュ なし

EOS 80Dでの写真提供は加奈さんです。

かわいくてとても素敵な写真を撮られています。

センスに脱帽です。

3-3.EF50mm F1.8 STMの良い点は?

canon単焦点EF50mm F1.8 STMのメリットをご紹介したいと思います。

3-3-1.綺麗なボケ

EF50mm F1.8 STM

主な設定

  • カメラ   EOS 5DMark3
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/60秒
  • ISO   6400
  • 露出補正  +1.3
  • フラッシュ なし

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMのボケが非常に美しいです。

旧製品のEF50mm F1.8 IIはボケ味にかなり癖がありましたが、飛躍的に改善されています。

標準レンズしか持っていない人ですと、その違いに特に驚くと思います。

絞り羽根枚数が7枚ですので、イルミネーションや夜景、木漏れ日などを綺麗な丸ボケとして表現することも出来ます。

3-3-2.暗いシーンも美しい

EF50mm F1.8 STMによる撮影

主な設定

  • カメラ   EOS 5DMark3
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/125秒
  • ISO   400
  • 露出補正  +0.3
  • フラッシュ なし

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMは明るいレンズです。

そのため、暗いシーンでも手持ちでガンガン撮影することが出来ます。

イルミネーションや夜景、室内撮影程度なら手持ちで撮影が出来ます。

ちなみに標準レンズは、F5.6ですので、canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMはその約10倍明るいです。

標準レンズで1/10秒で撮影するところを、このレンズなら1/100秒で撮影することが出来ます。

3-3-3.被写体に寄れる

EF50mm F1.8 STMによる撮影で被写体によってみる

主な設定

  • カメラ   EOS 5DMark3
  • 絞り    F1.8
  • シャッター 1/125秒
  • ISO   500
  • 露出補正  +0.7
  • フラッシュ なし

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMのすごいところは、被写体にグッと寄れる点です。

最短撮影距離は35cmで、旧製品の45cmと比較して10cmも被写体に寄ることが出来るようになりました。

実はこの35cmというのは凄い数字で、ニコンの同様のレンズは45cmです。

つまりニコンと比較しても圧倒的に有利な点です。

ニコンユーザーからしたらかなり羨ましいスペックだと思います。

私は最短撮影距離45cmのレンズも持っていますが、もっと寄れたらいいのに・・・と思うことが多々ありました。

例えば、お花の撮影や、料理の撮影などで思うことが多かったです。

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMを装着してからは、もっと寄れたら・・・と思うことはほとんど無くなりました。

お花の超クローズアップなんかは無理ですが、旅先などで通常使用する分にはほとんどストレスを感じることはないでしょう。

3-3-4.安い

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMは驚くほど安いです。

一眼レフのレンズと言ったら5万、10万は当たり前の世界ですが、このレンズは実売価格1万5000円を切ります。

初心者の方でも手を出しやすい価格設定であると思います。

 

3-4.EF50mm F1.8 STMの残念な点は?

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMのデメリットをご紹介します。

3-4-1.レンズフード、レンズケースは別売

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMは、レンズフード、レンズケースは付属していません。

低価格を実現するためのコストカットだと思いますが、少し残念です。

レンズフードは1500円ほどで購入できますが、無くてもさほど問題にはならないかと思います。

私は一応購入しましたが、レンズフードが邪魔になったりしてコンパクトが売りの単焦点レンズには合わないな、と感じています。

3-4-2.距離目盛は非搭載

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMには距離目盛はありません。

そのためマニュアルフォーカスは少し苦労します。

低価格単焦点レンズは距離目盛が無いことが多いですね。

3-4-3.APS-Cを使用している人は注意

APS-Cの一眼レフカメラを使用している人は注意が必要です。

フルサイズでの焦点距離が50mmですので、APS-Cですと80mm相当になります。

80mmというとポートレート向きの画角ですので、風景がメインの方ですとやや使いづらい場面が出てくるかもしれません。

でも近すぎるなら離れて撮ればいいです。僕はいつもそんな感じで使っていますw

風景は全体を撮るというよりは一部を切り抜くのが得意な焦点距離です。

3-4-4.ズーム機能は無い

単焦点レンズですので、当然と言えば当然ですが、ズーム機能はありません。

そのため、遠くの被写体には自分が移動する必要があります。

これは欠点と言えば欠点ですが、単焦点レンズに慣れるとこれが逆に楽しくなります。

小手先のズームに頼らないため、写真の上達も早くなると思います。

3-4-5.オートフォーカスはやや遅い

EF50mmF1.8STMはオートフォーカスがやや遅いです。理由はSTM方式を採用しているためです。オートフォーカスが遅いのが気になる人は気を付けた方がいいかもしれません。

ただ個人的には普段使うような環境ではそこまで気になる遅さではないとは思います。

 

3-4-6.開放の解像度は低め

開放F1.8の解像度はやや甘いです。ふんわりした印象の写真となります。特に周辺は弱く周辺減光も強くでてしまいます。

ただ、F2.8、F5.6と絞るにつれて徐々に解像度が増し周辺減光もかなり減ります。F5.6あたりが最も解像度が高くなります。

F5.6ではキャノンの超高級レンズに迫るほどの解像度を誇ります。1万円台でこの解像度恐ろしいレンズです。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMはキットレンズからのステップアップに最適です。

というか個人的にはキットレンズよりも先にこのレンズを購入した方がいいと思います。

それくらいオススメのレンズです。

高画質で、暗い場面に強く、被写体に寄れてコストパフォーマンスが良い、素晴らしいレンズです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-レンズのレビュー

Copyright© デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.